普通に過ごそう


このご時世ですから,普通に消費活動をするのは不謹慎なんですかねぇ。

今日は出かけて食事をしてきました。休みに外食をするというのはすごく久しぶりだったのですが,すごくすいていました。

これではお店の方もたまらないと思います。

あまりにすいているためか,やたらとサービス品をくれて,お土産までくれました。

 

家でおとなしくしていれば震災から立ち直れるというならいくらでもしますが,復興に一番必要なのはお金でして,それを支えるのは活発な経済活動だと思います。

そもそも今働いている人たちの生活が成り立つには消費活動がきちんと行われないといけないわけで,被災者の苦しみを思いやるのは大切ですが,そのためにやたらと縮こまった生活をしてみんなで倒産および失業することになっても仕方がないでしょう。

被災していないところは買占めとかをしないということも含めて,極めて普通に生活して給料を稼いで消費をして,余裕があったら被災者のために寄付をするとかをするしかないのではないかと思います。

 

私は混雑が嫌いなので,世の動きと逆なことをしてすいているところでサービスを受けることが好きなのですが,今もちょうどそんな感じです。デパートでの買い物はすいていてじっくりできすぎて,店員さんが押しかけてきていささか困るくらいです。

街の様子があまりに極端すぎて普通の生活に戻った方がよいのではないかと感じてしまった一日でした。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。