特定


カンニングの件は,捜査という点では迅速に決着を見たようです。

まあ,露出および痕跡が多すぎ,捜査機関にかかったら簡単に特定されてしまうような行為態様でしたので,当然なのですが。

浪人生とはいえ,まだ少年ということですから,そのままでは刑事手続きに乗ることはないでしょう。

本件は社会的には大変な騒ぎになりましたがさすがに逆送してまで刑事処分にすることはないのだろうと思うのですが,どうなるでしょうか。

 

最近は捜査機関の自力みたいのを再確認することが多く,緻密さとかを見ていると,なかなか大したものだと感心しているので,この件も簡単に特定するのではないかとは思っていたのですが,その通りでよかったです。

しかし,供述では単独犯らしいですが,一人でできるものなのですかね。いささか疑問があります。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)