タイミングの一致


もう二月も終わりで,いつも言っていることですが,時間のたつことの速さにびっくりです。今日は,早く帰ってきたのですが,明日が忙しいので,ちょっと法律情報の更新はあとにします。

 

日経の法務面で会社分割の濫用の話題が取り上げられて,今日ちょうど届いた商事法務でも神作教授が同じ話題について書かれており,びっくりしました。

この話題については,判決が出た直後にこのブログでも取り上げましたが,また改めて取り上げたいと思います。

神作先生は,論文中では当事者名を秘しておられましたが,このブログでは報道で明らかになっているとか,リリースから確認をとることができるならいいだろうと思って,当事者名を出すことにしています。具体的にイメージがわいてよいかと思ってやっていることです。

この件でも名前を出してしまっています。

JAPAN LAW EXPRESS: 東京高裁、新設分割会社の債権者が詐害行為取消権に基づいて会社分割の取消等を求めていた裁判で、会社分割の取消を認めて現物返還の代わりの価格賠償を認めた原判決を支持して控訴を棄却

 

しかし,債権者を害する濫用的な会社分割ってそんなに相次いでいるのでしょうか。すべての会社分割のケースに目が届いているわけではないので,いまいち実感がありませんでした。

日経が大々的に取り上げるとかえって意図があるのではないかと思うこともあるのですが,今回はどうなのでしょうか。

法改正への世論を喚起したいのか,本当に問題があり,広く世に知らしめたいのか,どうなのでしょうかね。もちろん両方ということもあるでしょうが。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)