大学入試の公正


今日こそ,いろいろがんばろうと思っていたのですが,計画倒れに終わりました。何だか最近意志が弱くなってきた気がします。

 

さて,京大等いくつかの大学で,入試問題が試験中に漏えいしたのかが問題となっています。

どのような技術的手法でそれが可能であったのか,そもそもやったのがだれなのか等が注目されてますが,法的には偽計業務妨害にあたるのかが問題になりそうです。

試験時間は,長いようであまり長くないので,回答を待っている間に時間を空費してしまう可能性もありますので,はたして本件のような行為が意味があるのかはいささか疑問なのですが,入試の公正に対する重大な懸念であることは確かでしょう。

はたして大学入試センター試験や東大入試でも起きていたらどんなに大変な騒ぎになるかと思います。

もっとも今は変わったのかもしれませんが,東大は教室によっては電波状況が悪いところがあるので,携帯電話等を使用して実行したのなら,会場によってはできないかもしれませんね。

 

この週末は法律情報の更新があまりできませんでした。

今週もいろいろあって忙しいので,その準備をしていて時間をとられてしまったためです。それらが過ぎたらとりかかろうと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)