独禁法改正案、課徴金引き上げを巡り発言相次ぐ


[関連したBlog]

日経の朝刊で出ていた記事ですが、なぜかネット版ではなかったので引用はなしです。

今度の臨時国会での成立を目指す、独禁法の改正案ですが、最大の争点となっている課徴金の比率を売上高の何%にするかという問題で、各界から発言がありました。

公取委の上杉事務総長は12%とする案を圧縮する理由は無いとしました。
ただ、一部では、やや圧縮する方向で調整に動き出しているとの報道もあります。こちら

一方、独禁法改正に肯定的な経済同友会の北条恪太郎代表幹事は、最低でも10%にする必要があるとの見解を明らかにしました。

これに対して日本経団連は現行の6%で十分であるとしています。

独禁法改正を巡る攻防がそろそろ再開される感じになってきました。
またもや対立は必至ですが、改正自体は成立するでしょうから、どのような内容になるかが焦点といえるでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)