東京地裁,SARVHが私的録音録画補償金の支払いを求めて東芝を提訴した訴訟で請求を棄却


JAPAN LAW EXPRESS: 東芝、デジタル専用DVDレコーダーについて私的録音録画補償金を支払わずおよびJAPAN LAW EXPRESS: 私的録画補償金管理協会、東芝を提訴の続報です。

 

私的録音録画補償金協会(SARVH)が,東芝がダビング10が始まったことなどを理由として,販売している機器のうちの一部について私的録音録画補償金を払わなかったことに対して,東芝に支払いを求めて訴訟を起こしていました。

この訴訟について東京地裁は,27日にSARVHの請求を棄却しました。

まだ判決全文が公開されていないので,詳細な理由は不明なのですが,報道によると,著作権法施行令に定めている機器には該当するものの,メーカーの協力義務について法的拘束力がない抽象的義務に過ぎないとして請求を棄却した模様です。

著作権法施行令の列挙によると,あまりに抽象的でよくわからないところがあるとは思うのですが,それでも該当しないというのは難しいのではないかと思っていたのですが,その後で法的義務がないという判断をするとは驚きました。

著作権法施行令の規定については,JAPAN LAW EXPRESS: 東芝、デジタル専用DVDレコーダーについて私的録音録画補償金を支払わずをご覧ください。

知的財産については,専門の方々のブログが多いので,門外漢の私は簡単にとどめますが,結論はともかくすごい法律構成である感じを受けます。

裁判例情報

東京地裁平成22年12月27日判決

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)