シンワオックス,株主の承認を受けた新設分割を中止するために臨時株主総会に付議することを発表


いわゆる組織再編行為について一度株主総会の承認を得ておきながら,取締役会が中止することを決定して,株主総会に中止について付議することになったという珍しい事例がありましたので取り上げます。

大証二部上場のシンワオックスが給食事業の新設会社分割を企画して株主総会の承認も得ていたのですが,ここにきて取締役会で中止を決定して,株主総会にその承認を諮ることになったことを発表しました。

新設分割の中止に関するお知らせ

臨時株主総会の開催日程および付議議案の決定に関するお知らせ

 

組織再編行為の中止については,代表者が業務執行として行うか,相手のいる場合には合意して行うことになりますが,中止の時点までに株主総会の承認決議を得ていた場合には,中止についても株主総会の決議が必要とされています。

これは,効力発生日の変更については,正面から会社が自由に「できる」とする規定がある(780条など)のに,中止についてはそのような規定がないことから,株主総会の決議が再び必要だと解されているためです。

本当にそうなるかはややわからない感じもしないでもないのですが,株主総会の承認を得ておきながら,業務執行としての手続をしなかったらやはり任務懈怠になるということでしょうか。

実のところあまり問題になる事態はないのではないかと思っていたのですが,実際に中止される事態が発生したので,いささか驚きました。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)