医学書を読み漁る


この日も朝から晩まで一日あちこち走り回っていました。

眠くて仕方がないのですが,翌日が休みだからと思って乗り切りました。

 

とある理由から,医学書をやたらと読む羽目になり,色々と文献を集めました。法律学の文献集めとあまり変わらない感じでできました。もしかしたら全くもって間違っているのかもしれませんが,論文を出すことが成果となる学問的な世界は多かれ少なかれ似ているのかもしれません。

やっていて困ったのが,用語法に統一がないのです。どれとどれが同意義なのか,読んでいるうちになんとなくわかってきたのですが,どうやって引用すればいいのか途方にくれる感じがしました。

さてどうするか。年内ももう日数がないのですが,何とか完成させねば。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)