佐藤食品工業,株主による臨時株主総会の招集請求に応じなかったところ,当該株主が名古屋地裁に召集許可申立てを行ったことを公表


佐藤食品工業の件の関連情報です。

これまでの一連の動きに関連しているものと思われますが,株主が取締役の選任を議題とする臨時株主総会の招集を取締役会に請求したところ,拒否されたので,自ら召集するべく名古屋地裁に召集許可申立てを行ったことが,同社からの発表で明らかになりました。

株主による当社株主総会の招集許可申立てに関するお知らせ

 

会社法

第297条(株主による招集の請求)

総株主の議決権の百分の三(これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上の議決権を六箇月(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)前から引き続き有する株主は、取締役に対し、株主総会の目的である事項(当該株主が議決権を行使することができる事項に限る。)及び招集の理由を示して、株主総会の招集を請求することができる。

2 公開会社でない株式会社における前項の規定の適用については、同項中「六箇月(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)前から引き続き有する」とあるのは、「有する」とする。

3 第一項の株主総会の目的である事項について議決権を行使することができない株主が有する議決権の数は、同項の総株主の議決権の数に算入しない。

4 次に掲げる場合には、第一項の規定による請求をした株主は、裁判所の許可を得て、株主総会を招集することができる。

一 第一項の規定による請求の後遅滞なく招集の手続が行われない場合

二 第一項の規定による請求があった日から八週間(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)以内の日を株主総会の日とする株主総会の招集の通知が発せられない場合

株主総会の召集権は,株主にも少数株主権として存在しているので,会社からでないと召集できないというものではありません。

上記規定より,株主はまずは取締役に召集を請求することが求められていますので,自分で召集することには補充性があります。さもないと,大変な混乱を引き起こすからでしょう。

さて,これによって開催しようとしている臨時株主総会の議題は,取締役の選任であるため,先日の混乱により,修正動議,会社提案とも否決されてしまったのが役員選任議案であったことと関連がありそうです。

同社の問題は今しばらく続くことは確実な情勢のようです。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)