最高裁、東京と香港を行き来している武富士創業者長男への課税が争われている訴訟で、国側勝訴の控訴審判決への上告に対して、弁論期日を指定


JAPAN LAW EXPRESS: 東京高裁、香港と日本を往来している武富士元会長長男への課税を是認の続報です。

武富士の創業者長男への贈与をめぐり、香港と東京を行ったりきたりしていたことから、住所がどこにあり課税が出来るのかが争われている訴訟があります。

第一審では原告である武井氏が勝訴したものの、控訴審では一転して国側が逆転勝訴しているという極めて判断の難しい事件があります。

中里先生によると覆る可能性は相当あるとのことだったのですが、そのとおりになる可能性が出てきており、最高裁が弁論期日を指定したことが明らかになりました。

聞いたところでは、この紛争は、お家騒動のために本当に香港に行ってしまったために東京と香港を行ったりきたりしていたのだという話があり、真偽のほどはわからないのですが、租税回避ではないのだという主張の背景にはこれがあるのでしょう。そんなところについてまで最高裁が言及することはなく、租税法における住所の概念等と本件の事実についての判示が出るのだと思われますが、注目されます。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)