文教堂グループホールディングス、買収防衛策の非継続を公表


日本最大の書店チェーンの文教堂を経営している株式会社文教堂の持株会社である文教堂グループホールディングスが買収防衛策の非継続を公表しました。

当社株式の大量取得行為に関する対応策(買収防衛策)の非継続に関するお知らせ

買収防衛策ブームが一巡して久しく、廃止の例も出ていますが、それに一件また新たに加わったことになります。

もっとも、本件の背景には、文教堂グループホールディングスには、ジュンク堂の持分と合わせると、実質的に大日本印刷が株式の過半数を保有しているので、安定的な親会社がいるからこその非継続といえます。

近時の買収防衛策廃止の例は、株主のことを考えてというもののほかに、傘下に入ったためというものも多く、景気の悪い昨今ですので事業再編ついでに今後もこういう買収防衛策の非継続はおきてくるものと考えられます。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)