数は力か


今年も日本人のノーベル賞の受賞者がでて、その方々が若いうちから世界に飛び出して力をつけたという経歴があったことから、振り返って最近の日本人は内向き思考ではないかという言説が最近よく見られます。

特にアメリカの大学への留学生の数がすごく減っているということがよくあげられており、確かにそのとおりです。でも、この留学生の数って何でも入れてしまっているのですかね。だとしたらあまり感心しないものも入っていることになりはしないかと気になるのですが…。

さて、それでも、やはり力をつけにいく留学が減っているのは確かかもしれません。最近よく言われる例では、よくハーバード大学への留学の数が減ったことが例として挙げられることが多いですが、私が個人的に知っている法律の世界でも確かに減っているのです。

東大法学部に研究者として残った人たちは、大体ハーバードロースクールに留学するくらい、東大法学部とハーバードロースクールは関係が深く、ハーバードロースクールが提携だか何かしている外国の大学は東大法学部だけだとして、だからたくさん来いみたいなことを以前、東大にやってきたハーバードロースクールのの教授が言っていました。

最近減っているじゃないかという言葉がその後に続いていまして、もしかして、他の大学にいっているんじゃないよなという釘を刺していたような気もします。

実のところ、アメリカのロースクールの順位にやや変動が昨今あるとされていて、そのせいでちょっと変化がおきているのは否定できないかもしれません。

それでもこの減少動向の大半の理由は、よく言われているとおり内向き志向のためなのでしょう。

 

そうはいっても、アメリカに留学している日本人も結構頑張っているようです。聞いた話なので確かかわからないのですが、少し前の年のハーバードロースクールの成績最優秀は日本人のはずです。東大の研究室から行った人なのですがね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)