商事法務研究会及び経営法友会、第10回法務部門実態調査結果中間報告を公表 企業内弁護士は5年前の2.7倍に増加していることが判明


商事法務研究会及び経営法友会が第10回法務部門実態調査結果中間報告というのを公表しまして、会員企業など代表的な日本企業の法務部の現況が明らかになりました。

これは5年ごとに調査されているもので、5年前との比較を中心に興味深い情報が多く明らかになっています。

まず、取り上げたいのが、弁護士は増えているのに企業が採用していないということがよく言われますが、この調査では5年前に比べて、企業内弁護士が2.7倍に増加しており、着実に増加しているとしています。

ただ、その数は、95社182人にとどまっており、絶対数の増加から比べると少ないといわざるを得ない感じがします。

しかし、これを企業は弁護士を必要としていないということで片付けるわけにはいかないように思われます。

というのは、外国弁護士の数のほうがこれよりはるかに多く、428人となっているのです。

なぜ日本弁護士の数がこんなに少ないのかということを考えると、じつのところミスマッチがあるというのが理由の一端にあるのかもしれません。

 

どう見るかについて評価に悩んでいるデータもありまして、この5年間で50.1%の会社が新たな顧問弁護士の起用をしたと答えていることが掲載されてます。これは、伝統的な顧問先だけに任せるという状況から脱してきて、事案に応じて起用するようになってきているということか、それとも法的紛争が増えてこれまでは起用していなかった会社が弁護士を使うようになったということなのか評価が難しいところです。

 

しかし、実のところ、この調査は回答率が低くてすべての上場企業などを対象にして調査したのに16.9%しか回答が来ていないのです。

もう少し回答率が高くないと、日本企業の動向として捉えていいものか微妙になってしまうので惜しいところだと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)