十字軍物語


三連休の中日ですが、特段何もなく過ぎました。

 

仕事もたまってきており、やらなきゃいけないことが山積しつつあるのですが、一方で、塩野七生さんの新刊が出たので、読もうと思っています。

前作が地中海に跋扈した海賊についてだったのですが、今度は十字軍についてのもので、これまたローマ帝国亡き後の地中海世界の歴史を扱うという点で、ローマ人の物語の続編といえそうです。

まだ読み始めていないのですが、宗教的行動ほど非合理で迷惑なものはありませんから、ひどい歴史がつづられているのだろうなあと予想しています。

世界史の勉強で教わった程度のことしか知りませんが、細かく見ていくともっとひどいことを知ることになりそうです。

さて、この十字軍物語に先立って、以下のような本も出ています。

こちらは十字軍を描いた絵画を集めたもので、十字軍の歴史という本の挿絵としてギュスターヴ・ドレという画家の描いた絵が収録されており、それぞれの絵にちょっとしたコメントがついています。

挿絵がただ続くので十字軍の歴史の通史としてみるには唐突な展開を繰り返してしまうのですが、それでも十分に十字軍のめちゃくちゃさがわかる感じです。本編に当たる十字軍物語の予習として非常によい感じです。

ローマ帝国を知った後、キリスト教の支配する中世の様子を知ると、歴史は発展するばかりではないことを痛感します。

科学技術の進化は停止していない現代ですが、文明として捉えると果たして発展しているのかやや疑問が出てきた感じがします。現代の世界はかなり政治の劣化のせいでかなり危険になりつつある感じがしないでもありません。

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)