有価証券報告書の提出によって1億円以上の報酬を得ている役員は、3月期決算から6月期決算の会社を合計して、181社の307名と判明


有価証券報告書に1億円以上の役員報酬を受け取っている役員がいる場合には開示をしないといけなくなったことはすでにお伝えしており、実際に開示された例もいくつか取り上げました。

本日の日経朝刊で、2010年7月から9月までに有価証券報告書を提出した企業で、当該1億円以上の役員報酬について開示をしたのは、合計して14社であり18名であることが報道されました。

これと3月期決算で概ね6月に有価証券報告書を提出した企業によって開示されたものを合計すると、181社の307名となったことが判明しました。

これを多いととるか、少ないととるかの判断は難しいですが、私の個人的な感想としては結構いるものだとやや意外に思いました。役員といっても完全にサラリーマンの延長としての報酬しか得ていない会社しか知らないため、役員報酬を結構出している会社もあるのだなあと感嘆するくらいです。それでもアメリカのようなところに比べるとこれでも業績の割りにささやかである会社も多いでしょうから、やはりなんともいえないというのが正直なところです。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)