特許庁、「新職務発明制度における手続事例集(案)に対する意見募集」に寄せられた意見を公表


[関連したBlog]
特許庁が行っていた改正特許法35条に関する「新職務発明制度における手続事例集(案)に対する意見募集」に寄せられた意見が公表されました。こちら
寄せられた意見を俯瞰すると、日弁連の意見は、誠実な話し合いにするべきというところに力点を置いており、手続事例集が企業に説明するのを主眼においている内容になっているせいか、発明者の側に力点をおいています。
これに対して、日本経団連は企業側からの懸念を代弁しています。
面白いと思ったのは、GE Japanの意見で、改正35条5項で手続が合理的でないとされた場合、裁判手続に移行して将来の利益を参酌する可能性が残っていることに懸念を示しています。これらの予測可能性を害するルートがまだまだ多く残っていることを指摘しています。
これを受けてどのような手続事例集ができるのか、さらにこの先35条がどうなっていくのかなど着陸へはまだまだといった感じです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)