ああ、ウルトラマン


今日は久しぶりに胃痛を感じることなく過ごせました。ようやく治ってきたのだと思いたいです。

 

最近は忙しいことを理由に法律情報を取り上げる量が減っているのですが、商事法務的に重要な事象はたくさんおきており、きちんと検討しないといけないなあと思ってはいるのです。

ウルトラマンの件は、有名な特撮作品が関係していることから世間的に注目を集めますが、法的にも興味深い点を含んでいますし、訴訟戦術的な点からも重要な点があるように思え、それほど難しいわけではないのですが色々と勉強になる事件です。前訴のほうでも、国際裁判管轄が正面から問題となって最高裁まで行ったという稀有な事件で、ウルトラマンの事件は法的に非常に色々な素材を提供してくれています。

本当はこんなことにならないのがウルトラマンのためには一番よかったのですが、なぜかこんな泥沼になってしまいました。この背景には、円谷プロの体質があるのは否定できないようで、確かそんなことを指摘していた裁判例もあったような気がします。

ウルトラマンの事件についてはこのブログでもちょくちょく取り上げてきたのですが、この間自分で過去の記事をさらってみてきちんと判旨を細かく検討した記事は書いていないことに気がつきました。今回、第3幕(日本で円谷プロが負けたのが第1幕、タイで円谷プロが勝ったのを第2幕として考えると第3幕になります。実は中国でも争っており、それらを加えると大変なことになるのですが、3幕に単純化します)の最初の判決が出たことから、きちんと取り上げてみたいところです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)