東京地裁、阪急トラベルの派遣添乗員に対する事業場外みなし労働制の適用を肯定 同社に対する同種の裁判例と判断が分かれることになるも請求は一部認容


JAPAN LAW EXPRESS: 東京地裁、派遣添乗員に対する事業場外みなし労働時間制の適用を否定の関連情報です。

上記リンク先の事件と同じく、派遣の旅行添乗員が阪急トラベルに対して、事業場外みなし労働制が適用されるべきではないのに適用されるとして賃金が支払われたために、賃金の一部が未払いであると主張して不足分の時間外賃金等を請求した事件で、東京地裁は上記リンク先でした判断とは一転して、派遣添乗員に事業場外みなし労働制の適用を肯定しました。

添乗員の「みなし労働」妥当 残業代は支払い命令 – 47NEWS(よんななニュース)2010/09/29 20:31

阪急トラベルサポート(大阪市)から「事業場外みなし労働制」の適用を理由に残業代が支給されなかったとして、派遣添乗員6人が計約2400万円の支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は29日、適用を妥当と判断する一方、計約2300万円の支払いを命じた。

(略)

村田一広裁判官は「添乗員は長距離にわたる移動をし、旅程を管理するという業務の性質上、労働時間を認定することは困難が伴う」とみなし労働制の適用は適切と指摘。

(略)

一方で、みなしを適用した上で労働時間を計算して、割増賃金の支払いを命じており、一部認容という結果になっています。

事実の詳細が不明なのですが、みなしの適用を認めても、計算方法に異論がありうる事例のようです。

このブログでは、取り上げるのを失念していたのですが、阪急トラベルに対する訴訟では7月にも同種の訴訟があり、こちらでもみなしの適用が肯定されたとされています。よって裁判例ごとに判断が完全に割れてしまっており、上級審の判断が求められるかもしれません。

裁判例情報

東京地裁平成22年9月29日判決

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)