東証の第三者割当への規制強化によって希薄化率が低下していることが判明


第三者割当増資について東証が規制を導入したことを以前お伝えしました。

JAPAN LAW EXPRESS: 東証が8月から施行する第三者割当に関するルールの内容が報道される

 

この規制の導入後に実施された第三者割当増資の希薄化率が以前に比べて低下していることが11日付の日経朝刊で報道されました。

希薄化率(上記リンク先の記事では希釈化率と書いたものですが、今回の報道では希薄化率となっていました)が、25%を超える事例が以前は第三者割当増資全体の61%もあったものが、36%まで減少したとのことです。

25%を超える希薄化率の第三者割当増資だと、東証が導入した規制によると、第三者委員会の意見の入手か株主総会の決議を取るなど株主の意思を確認する必要が出てくることになります。このため、25%を超えないようにしようとしたという動きがあったことが伺われます。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)