鈴木宗男議員被告事件の最高裁決定の全文が公開される


鈴木宗男議員の件ですが、最高裁決定が最高裁のウェブサイトに公開されています。

最高裁判所第一小法廷平成22年09月07日決定 平成20(あ)738 あっせん収賄,受託収賄,議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律違反,政治資金規正法違反被告事件

興味深いのは鈴木議員が記者会見して主張した「やっていない」という事実認定を争う趣旨の判示は当然ですが、まったく載っていません。弁護人は主張したものの最高裁の取り上げるところになっていないのでしょう。

読んでいただくとわかりますが、最高裁が取り上げて検討している弁護人の主張はかなりすごいものであり、そのすごさにも驚きますし、記者会見の内容との齟齬の大きさにも驚くばかりです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)