タカチホ、分配可能額を超えて配当したことについて、原因は分配可能額の計算を誤ったことにあると公表


JAPAN LAW EXPRESS: タカチホ、分配可能額を超えて配当をしたことを公表」の続報です。

タカチホが違法配当をしてしまったことの原因についての調査報告書を公表しました。

分配可能額を超えた前期末の配当金に関する一連の経緯及び再発防止策について

原因は比較的単純というか驚くべきことに、配当可能額を出す際に、剰余金から自己株式などを減算しないといけないのをしなかったためのようです。

自己株式は払い戻しているようなもので、現実には存在しないことから分配可能額を算出するときは減算することになっているのですが、それをしなったようです。

決算期後、配当実施日までに変動が生じすぎてしまい、配当可能額を超えてしまったとかではなく、そもそも配当可能額の算出が間違っていた模様です。

 

ちなみに責任追及については取締役等に分配可能額の返還請求が可能ですが、上記報告書では、「態様として悪質であるとは言い難い。」、「会社債権者に対するマイナス要因もそれほど大きくはない。」、報酬の減額・自主返納がある、再発防止策に取り組むことから追及には及ばないとしています。

違法な剰余金分配の返還請求は、業務執行者と提案取締役に追及する場合には立証責任の転換された過失責任ですし、他の取締役も監視義務の点から任務懈怠があるなら損害賠償責任を負うと考えられます。

本件はかなり基本的なところの間違いで、いくら何でも過失があるということは否定しがたいと思われます。よって追及には及ばないという判断を支えるのは、減給等で填補されるというところに求めることになるのでしょう。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)