アクロディアが東証に提出した適時開示体制の改善報告書が公衆縦覧に供される


東証マザーズ上場のアクロディアが資金循環取引を原因として過年度決算を訂正しましたが、これによって東証で各四半期ごとに開示していた適時開示が虚偽であったことになり、東証から改善報告書の徴求を受ける事態になりました。

これに対してアクロディアの提出した改善報告書が公衆縦覧に供されています。

東証 : 改善報告書の公衆の縦覧について -(株)アクロディア-

循環取引の実体と発生した原因、それへの対策についてはリンク先から改善報告書をご覧いただきたいと思います。

当たり前のことですが、適時開示についての改善というよりは、不正が行われないようにするにはどうすればよいかという点から書かれています。

 

改善報告書というのは東証が証券市場の公正を担保するために行うエンフォースメントの一つです。

問題行為ごとにいくつかの種類があるのですが、本件は適時開示に関するものであるので、適時開示・企業行動規範に係る改善報告書にあたります。

適時開示の改善報告書の徴求に対して提出しなかったり、提出しても改善の見込みがないと判断されると上場廃止になるという強力なものです。

具体的には5年以内に3回出す羽目になると上場廃止になります。

この適時開示に関する改善報告書は、実のところ結構出されており、改善報告書はかなりの数が公衆縦覧に供されています。

東証によるエンフォースメントの一つである改善報告書ですが、今まで取り上げたことがなかったので、いい機会だと思い整理してみました。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)