わかもと、自己株式を筆頭株主のキッセイに第三者割当て


東証一部上場のわかもと製薬が、筆頭株主のキッセイ薬品工業に第三者割当を行うことが報道されました。

まだ公式ウェブサイトでは発表されておらず、28日付の日経紙面で報道されただけですが、借入金の返済に充てる目的とされています。

 

割当価格は1株257円で最近の同社の株価から見ると少々休めになっています。有利発行についての手続的対処をしたのかについては特に言及はされていませんが、おそらくしていないのではないかと思われます。

 

興味深いのは、自己株式を割当に充てるという点です。

商法改正で金庫株の解禁をしたときから、自己株式の使途は柔軟になっていましたが、会社法では募集株式の発行という形にして新株発行と自己株式の処分をまとめて規律することにしてこのことを明らかにしています。

第199条(募集事項の決定)

株式会社は、その発行する株式又はその処分する自己株式を引き受ける者の募集をしようとするときは、その都度、募集株式(当該募集に応じてこれらの株式の引受けの申込みをした者に対して割り当てる株式をいう。以下この節において同じ。)について次に掲げる事項を定めなければならない。

(略)

よって、割当てるのは、新株発行でも自己株式を用いるのでもどちらでもよいはずだったのですが、証券上の問題から自己株式はかならず消却するものになっており、割当は新株発行で行うものになっていました。

しかし近時は、本件に限らず、これらから一転して、自己株式を割当てることがごく当たり前に行われるようになっています。株券電子化等で証券側の問題が解消したためということになりましょうが、大きく変わったことにやや隔世の感があります。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)