アサヒビール、会社分割で酒類事業を子会社に承継させることで、持株会社制へ移行することを取締役会決議


大手ビールメーカーのアサヒビールが、持株会社制に移行することを取締役会で決議しました。

会社分割による純粋持株会社制への移行準備の開始について (ニュースリリース) | アサヒビール

移行方法は、酒類事業を行っている既存のアサヒビールの下に子会社を設けて、その会社に酒類事業を吸収分割させるという会社分割を用いて持株会社となる会社の下に新しくつるす方式になります。

酒類製造事業は免許制ですので、この手法をとると許認可を取り直す必要が生じます。よって、許認可のいる事業の場合には株式移転を用いて持株会社を上に新しく作る方式をとることがあり、銀行業では特に顕著です。

しかし、上に新しく持株会社を作る方法には色々と事実上の問題があり、本件では許認可がそれほど難しくないことから、会社分割を用いて事業を下に出してしまうことを選択したのだと思われます。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)