嵐の前の静けさ


朝のニュースで、関東地方は暑さが和らぐみたいなことを言っていたのですが、十分暑かったです。

 

さて、いくら民主党の代表選が控えているとはいえ、何もしないで日々過ごしている今の政権のありようはどうなのでしょうか。

本当のところ、安閑と過ごせる余裕はないのが今の日本のような気がするのですが。

民主党の党内のうちそれなりの数が小沢氏に期待する向きがあるみたいなのですが、国民は小沢氏を嫌っている方が多いように思われますので、それを担ごうとするのはどういう感覚なのでしょうか。

菅総理は融和的な姿勢を見せて中途半端になるくらいなら、脱小沢路線をもっと徹底したほうが、国民人気は出そうな感じですが、選挙に負けた政治家というのは求心力がなくなるのは当然ですので無理な相談なのでしょうか。

それにしても不快感を禁じえないのは、鳩山前総理が政界のキーマンのように振舞っていることです。民主党政権がこんなふらふらになってしまったのはそもそも誰のせいでしょうか。また総理を辞めた人間が権勢を振るうのは良くないみたいなことを以前言っていませんでしたっけ。

参議院選挙の大敗は、消費税もさることながら、鳩山内閣の迷走がひどすぎたのが影響しているはずです。それらの戦犯が、不問に付されて責任を追及したり権勢を振るうのはなんとも納得しがたいものがあります。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)