自己弁護している場合ではないはず


アメリカに国費留学をしている官僚の知人がいて、ロースクールに留学して、ニューヨーク州弁護士資格の取得を目指しているのですが、肝心のニューヨーク州司法試験の出来が良くなかったらしく、落ち込んでいました。

しかし、森浜田松本から留学している弁護士も半分くらいは落ちるらしいから、別に自分がひどいわけではないのだみたいなことを言って自己弁護をしていました。

 

森浜田松本がどうなのかは知らないのですが、長島大野常松の知人の弁護士の話によると「落ちる人もいることはいる」というような言い方をしていたので、半分落ちるということはさすがにないのではないかと思ったのですが、実のところどうなのでしょうか。

 

それにしても官僚で国費留学をするって優秀な人の証左だと思っていたのですが、何だか情けない時代になったものです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)