そこまでとは


今日のニュースで、比較的大きく取り上げられていたのですが、以下のようなものがありました。

日本航空:御巣鷹積立金を借用 経営難で登山道整備費1200万円 - 毎日jp(毎日新聞)

経営再建中の日本航空が、1985年のジャンボ機墜落事故で設立された財団法人慰霊の園(群馬県上野村)の積立金から、登山道の整備費負担分1200万円を借りていたことが分かった。積立金は日航の寄付や村民の浄財などで約5億円あり、利息を慰霊事業に充てていた。日航は「経営難で、現金を払う余裕がなかった」と説明し、今年度から3年で返済する予定。

(略)

大きく取り上げているのは、批判的な気持ちなのか、非常に状況が良くないことを改めて知らしめようとしているのかどちらなのかはよくわからないのですが、そこまでひどいのかと改めて感じる情報です。

日航は、以前から行っているとある会社からの出向受け入れを、会社がほとんどつぶれてしまい、大幅なリストラをするくらいになった今時分でも続けています。

いまだに続いていると聞いて、出向受け入れなどしている場合ではないだろうと思ったので意外だったのですが、実のところ出向負担金がほしいからだそうです。出向負担金って、社員一人分ですから大した金額でもないと思うのですが、それでもキャッシュが少しでもほしいということで、切実さが伝わってくるようです。

そんな感じで、間接的経営支援みたいになってしまっているため、昔は見込まれた社員が行っていた日航の出向は、今ではあまりいいルートではなくなっており、ポストの調整みたいな使い方をされているようになってしまいました。お互いにとって働くことそのものには意味のない出向になってしまったのでした。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)