昨日の今日でどういうことなのか


ここのところ暑くならないうちに起きようと思って、朝5時半くらいに起床しているのですが、涼しいうちに活動を始められるのはいいものの、慢性的に寝不足で困っています。

 

この間、死刑を執行しないことを改めた表明したかのような言動をしていた法務大臣が、いきなり死刑を執行しました。

いったいこれはどういうことなのでしょうか。

死刑制度についてこれから検討を開始するようなことを言い出しており、逆説的に死刑廃止への動きにつなげることができるように考えているのかもしれませんが、執行しなくても検討はできそうなのであまり意味のある行動に思えません。

落選したのに大臣を辞任しないことへの批判をかわすためだとしら、死刑廃止論者としての信念を疑われるようなことになりかねませんが、合理的に説明のつかない行動をするのはこの人に限らず、最近の大臣たちには珍しいことではないので、気にしてはいけないのかもしませんね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)