新司法試験自習用解答用紙(平成22年度試験仕様)


法務省ウェブサイトにアップロードされている新司法試験の解答用紙は、黒色部分が多くて自習用に自宅でプリントしようとすると、インクやトナーが多く必要になり不経済です。

多くの方が黒色部分のないカスタム解答用紙を公表されて、受験生の利用に供されていますが、平成22年度の新司法試験から解答用紙の様式が若干変更されましたので、これをフォローしたものを作ってみましたので、先人に倣って私もアップロードさせていただきます。

たいした出来ではありませんが、ご自由にお使いください。

NEW

ご要望にお応えして,従来から公開している下記の解答用紙のシリーズに第3問の解答用紙を追加しました(平成23年5月4日追加)。

 

黒色部分を薄い灰色にしたものです。第1問用第2問用がそれぞれ2枚連続で4枚入っていますので、両面印刷機能をご利用の場合にも対応しています。利用環境に合わせて適宜印刷するページを選択してご利用ください。

こちらは黒色部分を完全な白にしたものです。インクやトナーの使用をより低減できると思います。

 

解答用紙の変更点というのは、第1問と第2問の取り違えがおきにくいように解答用紙の全頁に記載されるようになっただけの変更です。

4時間通しての時間割が廃止される来年度からは、実のところ、選択科目以外では意義を失ってしまうような変更にすぎないのですが、一応本物に近いものをということで。

 

なお作成には、オープンオフィスのDRAWというソフトを使っています。

プラグインを入れるとPDFを読み込んで編集できるというのが大きな特徴なのですが、これで本物の解答用紙を読み込んだら、なぜか文字が消えてしまいましたので、入力しなおしてあります。

少し位置がずれていたりするのはそのためです。なにとぞご了承ください。

実のところ、この解答用紙は上記ソフトの操作性等を試してみる目的で作成したものだったりします。

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。