結局理由はよくわからず


今朝の日経に参議院選挙の分析についての記事が載っていました。

事前の情勢調査よりも民主党が大敗した結果について、バンドワゴン効果と説明されていました。要するに勝ち馬に乗る投票行動のことらしいです。

しかし、毎回同じことになるわけではないので、これだとあまり説明にならないように思えます。どういうときにこの効果が生じるのかが大事でしょう。

そもそも最終の情勢調査の記事の書き方では、民主党は過半数を割り込んでも改選第一党は維持しそうに読めたので、そこから民主党に入れない行動が強まったのは、勝ち馬に乗ったという行動というのとはちょっと違うように思えます。

結局、現状ではマスコミも含めてよくわかっていないのではないかと思います。

実のところ、政治家は選挙が生業である割に選挙についてちゃんと分析をしていないように思えます。マーケティングとまでいわなくても、もっとしっかり分析をしてやったほうがいいと思います。

この点についてはアメリカの選挙戦をもっと勉強したほうがいいのではないかと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)