無風じゃなかった


選挙の結果は、事前の予想を上回る民主党の大敗になってしまいました。

過半数は無理でも、改選第1党は維持するのではないかと思っていたので意外でした。報道各社の最後の情勢調査からもさらに動きがあったことになるかと思います。

前回の衆議院選挙では、最後の調査の延長上の最終結果だったように思えますので、今回の投票行動はやや特殊であったように思います。ぜひとも専門家による分析をしていただきたいところです。

 

さて、消費税のせいでこうなったみたいなことを当の民主党やマスコミは言及してますが、消費税のせいよりも、これまでの民主党政権のしてきた設計が不十分なことばかりやってしまうことや、菅内閣もそうなのですが発言が良く考えられていないような迷走ぶりに国民が不信を持ったのが正直なところではないでしょうか。

自分たちの選挙至上主義で、随分と勝手な国会運営をして、支持率の高いうちに選挙をしてしまおうという露骨なところも有権者に見透かされた面もあるのかもしれません。

 

ぜひとも分析してほしいのですが、民主党政権になってからの派手なばら撒きはどこくらい票に結びついたのでしょうか。選挙に負けてしまったという事実からはあんまり結びついていないかのようなのですが、細かく分析するとどうなのかぜひとも知りたいところです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)