ゆとりとは違う


アメリカのロースクールに留学中の国家公務員になっている後輩が、遠くアメリカから中々深遠なことを言って来るので、色々と考えさせられます。

この間は、

アメリカの憲法理論は日本と同じだ

という画期的な発言を承りました。

国家公務員試験も憲法は必修ですよね。

彼はロースクール留学をしていることからわかるとおり、将来を嘱望されており、エリートコースに乗っているのですが、とても不安を感じます。

それとも、もっと奥深いことをいいたいんですかね。

どうでもいいんですが、公務員になるには六法のすべては必修ではないために、結構、刑事訴訟法などを履修していない人は多いようです。

日本の六法をきちんとやっていないのに、ニューヨーク州弁護士になってしまうというのは大丈夫なんでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)