有価証券報告書が出揃い、1億円以上の役員報酬は166社288人と判明


6月末が有価証券報告書の提出期限でしたが、出揃ったもののうち新しく開示が義務付けられた1億円以上の役員報酬について日経が集計した記事が3日付の日経朝刊に掲載されました。

それによると、1億円以上の役員報酬として開示されたのは、166社の288人であったことが判明しました。

これが思ったより多いのかどうかについてはよくわからない点がありますが、昨年まで1億円以上報酬をもらっていた役員は、288人より多かったと思われます。

開示されるとなって対処した例があるらしい情報もあり、批判を浴びそうな報酬を抑えるという効果はあったようです。もっともそれらの事例のうちには、抜け道を利用しての隠蔽のようなこともあるらしく、そあまりにひどいようだと、開示制度の充実がさらに叫ばれるようになるかもしれません。今のところはひとまず開示金額の引き下げなどの拡大論で攻防がありそうに思えます。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)