富士電機、持株会社で子会社の事業ができるように定款を商号を変更


富士電機ホールディングスが、事業子会社の行っている事業を自らできるようにするために、商号の変更と定款の目的規定の変更を定時株主総会に諮り、承認されました。

営利社団法人の権利能力の範囲については諸説あるのはご存知だと思いますが、そのような立場のいかんにかかわらず問題を発生させないようにするために定款には色々と列挙しておくのが通常になっています。

よって定款の目的規定の変更は珍しいように思われますので注目してみました。

臨時報告書による決議内容の開示

商号変更と定款変更の具体的内容

具体的には、商号については、富士電機ホールディングス株式会社→富士電機株式会社と変更されています。

定款については、目的規定の最初に掲げられていた事業子会社の支配・管理が削除されており、持株会社ゆえに定款をの目的規定が子会社の管理を強調する内容であったために変更が必要になったものといえそうです。

もっとも、旧来の定款でも持株会社が事業活動をすることは可能な内容であり、この定款変更は確認的または強調する性格を有しているものいえそうです。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)