同棲の社会的認知


まえにウェブ上の記事か日経の紙面かで見たような気がするのですが、結婚前に同棲することが増えてきているというようなことが載っていました。

正式に結婚する前に試してみるというようなもので、社会的にもそのように受け止めるようになってきているというようなもので、まあ同棲を肯定するようなことを述べた上で、法的問題点も含めて、注意点がまとめられているような記事だったように記憶しています。

私には全然縁のない話なので、抽象的な感想に過ぎませんが、結婚してから破綻すると色々と大変なので、お試しをしてみるのはそれなりに意義のあることだと思います。

というのは個人的に知っている同棲の事例はそれなりにありますが、結婚まで行き着いたのは1件しかなく、成功率はきわめて低いです。その成功例も実は予断を許さないのではないかというのが仲間内での通説なのですが。

何だか、大学のサークルで知り合ったという類型においてひどいことが多いのですが、サンプル数が少ないですし私の知人というと偏りがあるので、あまり一般化は適当ではないのかもしれません。

なにはともあれ、同棲してみて性格の不一致とかが発覚して、破綻してしまうことばかりですので、安易な婚姻をするよりはお試しをするほうがいいのかもしれません。

もっとも、当事者でそうやって不一致とかを目の当たりにして解決してくれるなら、周りにかかる迷惑も減るかというと全然そんなことはなく、色々と困った事態が生じてしまうことはあまり変わらないのかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)