スクロール、改正された「企業内容等の開示に関する内閣府令」に依拠して、株主総会の議決権行使結果を臨時報告書で開示


株主総会の議決権行使結果の開示については、東証のルールで開示が求められるほかに、改正された「企業内容等の開示に関する内閣府令」によって継続開示で開示することが求められるようになりました。

「企業内容等の開示に関する内閣府令(案)」等の公表について:金融庁

企業内容等の開示に関する内閣府令

第十九条 法第二十四条の五第四項 に規定する内閣府令で定める場合は、次項各号に掲げる場合とする。

法第二十四条の五第四項 の規定により臨時報告書を提出すべき会社(指定法人を含む。)は、内国会社にあつては第五号の三様式、外国会社にあつては第十号の二様式により、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める事項を記載した臨時報告書三通を作成し、財務局長等に提出しなければならない。

九の二 提出会社の株主総会において決議事項が決議された場合(当該提出会社が法第二十四条第一項第一号 又は第二号 に掲げる有価証券に該当する株券の発行者である場合に限る。) 次に掲げる事項

当該株主総会が開催された年月日

当該決議事項の内容

当該決議事項(役員の選任又は解任に関する決議事項である場合は、当該選任又は解任の対象とする者ごとの決議事項)に対する賛成、反対及び棄権の意思の表示に係る議決権の数、当該決議事項が可決されるための要件並びに当該決議の結果

ハの議決権の数に株主総会に出席した株主の議決権の数(株主の代理人による代理行使に係る議決権の数並びに会社法第三百十一条第二項 及び第三百十二条第三項 の規定により出席した株主の議決権の数に算入する議決権の数を含む。)の一部を加算しなかつた場合には、その理由

これは適時開示として臨時報告書で行うことになるのですが、これに依拠した臨時報告書をスクロールが提出したことが明らかになりました。

EDINET

提出者EDNETコード:E03054を入力すると確認できます。

上記9号の2ニの理由も記載がされており、注目されます。

議決権の数に株主総会に出席した株主の議決権の数の一部を加算しなかった理由

本株主総会前日までの事前行使分及び当日出席の一部の株主から各議案の賛否に関して確認できた議決権の集計により各決議事項が可決されるための要件を満たし、会社法に則って決議が成立したため、本株主総会当日出席の株主のうち、賛成、反対及び棄権の確認ができていない一部の議決権の数は加算しておりません。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)