金の亡者め


弟の東大での同期がすでに留学にいく時分らしく、アメリカのロースクールに国費留学しているそうです。

そこで他の学生との話題で、何をしに来たのかと問われて、NY州の弁護士資格を取りに来たといったところ、金の亡者めと言われたそうです。

そこで日本では法曹は社会的正義を重んじるのだといったところ、何を白々しいといわれたと嘆いていました。

本当に日本の法曹に社会的正義があるのかは異論もあるのかもしれませんが、少なくともアメリカにおいては日本では士業といわれる資格を持って仕事をする人たちは、ある種の軽蔑の目で見られるということは確かにあるようです。

公認会計士について同じような侮蔑的見方をする話を読んだことがあります。

ましてや法曹は事を荒立てることによって金を得る仕事ですからなおさら厳しい見方をされるというわけですね。

転じて日本はどうなるのか、今まさに過渡期というところです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)