期待と不安と


菅内閣の誕生は小泉内閣の誕生のような擬似政権交代的な色彩があります。

国会を延長するかなどのいくつかの判断によっては、期待できるかもしれません。

しかし、よくよく考えると機能不全に陥っていた鳩山内閣のメンバーそのままですし、その意味では連帯責任がありますよね。

何人かの大臣は、明らかに仕事ができない不適格であることは明らかになっている人がいます。そういう人は入れ替えてほしかったところです。

また、自分たちがぶち上げた非常識なことを修正することで、評価されるとしたら自作自演にもほどがあります。

民主党に良くある口先でごまかしている詐欺的な要素がやはりあり、その辺が不安要素なのですが、もう少し様子を見てみましょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)