歯磨きをすると…


歯磨きは朝と晩しかしない習慣でずっと来たのですが、仕事で現場にいる間には接客をするので食事の後には必ず歯磨きをするようになりました。

現場を離れたらやめるかと思っていたら、職場がフロア全体が見渡せるという超大部屋であり、自席にいてもまったく落ち着かないので、落ち着くために歯磨きとかトイレとかにやたらといくようになり、一日何度も歯を磨くようになりました。

歯磨きをすると爽快感があるはずですが、職場で歯磨きをするときの気分が歯磨きをするという行為に関連付けられてしまい、いつでも必ず殺伐とした気分になります。

これも一種の労働災害ではないかと思う次第です。

いまどきあんなプライバシーのない部屋割りってないと思うのですがどうなのでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)