ローマ帝国はいつ滅亡したのか


先日も書きました、塩野七生さんの「日本人へ」を読んでいるのですが、その中の「文明の衝突」と題された文章の中で、ローマ帝国がいつ滅亡したのかについての諸見解が取り上げられていました。

そこでは、以下のような見解があると紹介されています。

  • コンスタンティノープルの陥落によって東ローマ帝国が滅亡したとき
  • コンスタンティヌス帝によってキリスト教が公認されたとき
  • 西ローマ帝国が滅亡したとき
  • 7世紀に東ローマ帝国がイスラム勢力の前に守勢に回ったとき

近時、もっとも有力なのは4番目の見解らしいです。

しかし、これには違和感を禁じ得ません。

この見解は、キリスト教によってローマ帝国は再興したという立場から生じているそうです。

東ローマ帝国は、正式にはローマ帝国と名乗り続けており、正統性の点からも肯定できるという根拠もあるでしょう。

しかし、いわゆる東ローマ帝国はローマ帝国とは似ても似つかない、政治体制はしっかりしておらず、重税による収奪を行ういかにも中世的な国家でした。

共同体内で文明的な生活が送れるようにすることを目的としていたローマ帝国の姿はそこにはなく、とてもローマ帝国がそこまで存続していたとは、アウグストゥスに申し訳なくていえません。

つきつめるとキリスト教の公認が極めて大きな転換点だったのですが、ローマ帝国はキリスト教を公認してもなお、他の宗教との共存を認めていましたので、これも決定的ではないのです。

キリスト教を国教として他の宗教を禁止したテオドシウス1世のときにも帝国はまだ統一されており、国民に対する安全保障を行うという点でのローマ帝国はまだ存続していたといえるので、この時期も終焉とはいえない感じがします。

その結果、やはり西ローマ帝国の滅亡が時期的には一つの区切りなのではないかと思います。

正確には西ローマ帝国滅亡時には西ヨーロッパは蛮族の割拠状態になっており、ローマ帝国の支配は失われていました。ローマ帝国は395年のテオドシウス1世の死から融解していったというのが正しいところなのでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

One thought on “ローマ帝国はいつ滅亡したのか

  1. Arakawaさんへ。初めまして。
    この記事は、僕にはかなり異論があるのですが。
    まずローマ帝国は、330年に権力の中心をコンスタンティノポリスへ遷しており、これ以降は「ローマの中心」は東方です。これは1453年にトルコのメフメットⅡ世に潰されるまで存続するので、ローマ皇家が1453年まで続いたことは明白です。
    たいへん納得しかねることの一つは、この記事で、東帝国を「ローマ帝国とは似ても似つかない、政治体制はしっかりしておらず、重税による収奪を行ういかにも中世的な国家」と決めつけていることです。これは何が根拠でしょうか?
    「政治体制のしっかりしていない、重税収奪の国家」というのは、むしろ古代ローマにこそあてはまる表現です。古代ローマの内実は、雑多な自治共同体の寄り合い所帯に過ぎないので、整然とした官僚制などありませんでした。それが重税収奪を行っていたことも、イタリキ大反乱やユダヤ大戦争から明らかです。
    整然とした官僚制を整えたのは、むしろ東帝国です。ここは事実と反対ではありませんか?
    またそもそもが塩野七生氏の著書を参考になさっていられるようですが、塩野氏はいってみれば司馬遼太郎氏と同レベルの物語作家に過ぎないので、歴史を論ずるとき根拠にするようなものではありません。塩野氏は「ヨーロッパ中心主義」の俗説を完全にかぶっており、明白に東帝国を蔑視している。(ついでに言えば、『コンスタンティノープルの陥落』ではトルコ人への蔑視もひどい。あれは人種差別だと僕は思う)
    たとえば塩野氏お気に入りのヴェネツィアも、もとは東帝国の海軍基地として発展したものであるが、塩野氏はそれも見逃しているようです。
    上述したよう東の皇家は1453年まで続きました。とはいえ末期の東帝国は、事実上は「都市国家」に成り下がっており、この段階ではもはや「帝国」とはいえなかった。
    では東が「帝国世界」を喪失したのはいつか?というと、これは1204年の第四回十字軍によってです。このとき東帝国の「飼い犬」であったヴェネツィアは、主なる帝国を裏切って、西欧十字軍を引き入れての騙し討ち「下克上」で帝国を破壊しました。これは史実として明白です。
    よって東帝国(史学的には「中世ローマ帝国」といいます)の崩壊は、1204年と見るべきだと僕は思う。如何ですか?
    「古代ローマは滅亡したのか?」
    http://yumiki.cocolog-nifty.com/chrono/2010/11/post-d712.html
    「ローマとギリシアはいつ滅んだか?」
    http://yumiki.cocolog-nifty.com/chrono/2010/11/post-8df3.html

Comments are closed.