富士電機、CSKで持株会社廃止の動き


持株会社を廃止する動きがでてきました。

純粋持株会社であるホールディングスカンパニーが事業会社を合併するなどして、再び事業会社になるという動きです。

具体的には、本日の日経朝刊で、富士電機とCSKがその方向であることが報道されました。

純粋持株会社が解禁されて以来、持株会社制度に移行する動きしかなかったように思われますので、この動きは逆であるといえ、珍しいことに思えます。

理由としては、それぞれの事業を独立させるのをやめて相乗効果を高めるためと説明されています。

実は、持株会社の作り方には二種類あるのは有名な話ですが、会社内で働いてみるとなんとなく感じられるのですが、新しく持株会社を作るという形だとうまくいかないことが想像されます。

今回の二社の件がどのような実質的理由から選択されたのかは定かではないですが、うまくいっていない持株会社は結構ある気がします。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)