悪文の見本


ここのところ毎日少しずつ金商法のノートを改訂しているのですが、改正が相次ぎすぎて、修正事項が多すぎて大変です。

しかも条文の文言がかえってわかりにくいものになっていることも多く、よりいっそう大変な法律になっていますね。

どの法律も独特の世界を持っていますが、金商法は悪文の見本みたいな規定を有したまま今日まで来てしまい、もはや抜本的になおすこともできないような感じです。

もっとも、独特の文言に依拠しての解釈論がそれほどつみあがっているわけではないので、他の法律と違ってその点の障害はないとも考えられないこともないように思えるのです。

しかし、やはり実務があまりに急激に変わっていく特殊性のある分野であり、裁判沙汰ではない形ので実務が主ということからやはり無理なのでしょうね。

頭の痛い日々が続きます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)