三菱東京、UFJ銀へ7000億円出資、買収阻止条項付き優先株で


三菱東京FGが経営統合に先立ちUFJに出資することになりましたが、その方式が三井住友からの買収も視野に入れた面白い手法になったので取り上げます。記事はこちら
三菱東京がする出資の方法は、持株会社であり上場されているUFJホールディングスの新株を引き受けるのではなく、HDから見れば子会社であるUFJ銀行の議決権なしの優先株を引き受けるというものです。
その優先株は、親会社であるUFJホールディングスが株式公開買い付けなどにさらされたら普通株に転換するというもので、グループの中核であるUFJ銀の経営に拒否権を持つことでポイズン・ピルのような役割を果たさせる意図が含まれています。
優先株は種類株の一種ですが、商法222条2項よりその内容は定款で定めることができるとされているので、会社の実情にあったカスタマイズをできます。
そこを利用したというわけですが、定款で定めればどんな内容でもいいというわけではないので、この優先株が違法でないと確言できるわけではないですね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)