そうですよね


「宝くじ、発行停止はできない」総務相、宣伝事業の廃止急ぐ – MSN産経ニュース

原口一博総務相は(中略)刷新会議が問題解決まで発行を認めるべきではないとしたことには、「大臣認可で止められるかというと、それはできない」と語った。

(略)

条文の仕組みから考えて、そのとおりだと思われます。

もっとも「認可」という語を相変わらず用いているところが引っかかりますが。

毎日威勢良く、廃止だとか叫んでいますが、法的にできないことが多く、何でもできると誤解している人たちの濫用的な言動が目立ちます。

何でもごり押しすれば可能というのは大変恐ろしい世の中です。仮によいことをやろうとしているとはいっても、一度そういうことを認めると、行動パターンができてしまい悪いことにも適用されるようになります。そんなことにならないように法律による行政の原理があるのですから、それを無視するのは自らのよって立つところを掘り崩すことになるでしょう。彼らは透明性を高めるということをしきりに言っており、それには法的手続きにきちんと則ることも含まれるはずです。

 

それにしても枝野大臣は弁護士ですよね。

行政法について基本的な理解を欠いている様に見えるのはマスコミが部分的な報道しかしないためなのだと信じておきましょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)