信じられないゴタゴタ


このブログでは、富士通の件を昨日まで取り上げていなかったのですが、特に他意はなく、機会を逸していただけです。

あんなに著名で大きな会社で随分と程度の低い事態になっているなあと思いましたが、仕事で付き合いのあった父によると、やや体質に特殊なものがあるような印象を受けたことがあるそうで、父が勤めていた会社から社長が行ったりしていたこともあったのだそうです。

国策でコンピュータ産業を育成した際にその時流に乗って登場してきた会社であることも作用しているのではないかと言っており、やはり沿革に純粋な民間というわけではないところが作用しているのかもしれません。

ただ、父の勤めていた会社の発注する仕事で食っているファミリーと呼ばれる会社はたくさんあり、そのうちの一つに私も会社で関係した会社があるのですが、その会社よりは富士通は雲泥の差でまともだそうなので、あの会社のひどさが伺われます。

やはり、おんぶに抱っこという体質では、ちゃんとした会社にはなれないようです。官需であれ、特定の巨大会社にぶら下がる会社であれ、それは同じようですね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)