東証、独立役員届出書の集計結果を公表


日経の報道が先行していましたが、3月末までに東証に提出された独立役員の届出の集計結果が公表されました。

東証 : 独立役員届出書の集計結果について

結果、235社が独立役員を確保できていない結果となっている模様です。先日の報道を基にした従前の記事では243社が未確保だったので最終的に違いが出ています。

興味深いのは、のべ3945名の独立役員の届出があったものの、そのうちの75.5%が社会監査役であり、社外取締役はわずかであったことです。

延べ人数としては966名の社外取締役が独立役員として届け出られたことになりますが、東証上場企業の社外取締役は、東証1部上場企業の1700社弱の社外取締役だけでも1500人以上いることが確認されていますので、それよりも多い上場内国会社2302社を対象としているこの届出で上記の結果となったということは、独立性のかける社外取締役がかなりいることが明らかになったといえると思われます。

参考

日本取締役協会 上場企業のコーポレート・ガバナンス(社外取締役)調査(2009)

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)