等価値と認めない


東大法学部では、他大学の評価を信用しないのか、東大に移ってくるときに前任校ですでに教授でも、東大に移って一旦助教授(今なら准教授)になることがあります。

十分な年齢になられた教授が移籍してこられる場合にはさすがに教授のままですが、教授に成り立ての方の場合、なぜか一旦降格があるのです。

これは何か深遠な意味があるのかもしれませんが、個人的にはよくわかりません。

もっとも学生の成績に関しては、東大法学部の優と他大学の優が等価値でないことはわかっていると昔から言っており、大学院入試では学部成績を重視するのですが、出身校ごとに評価を変えていることは確実です。

今はロースクールができて他大学から東京大学大学院法学政治学研究科に来られる方も多くなっていますが、昔から大学院入試をしているので、他大学の成績の評価についてはノウハウがあるみたいなことを以前、高橋宏志教授が仰っていたのを聞いたことがあります。

こういう考え方を教員の人事でも行っているのかと思ったりもするのですが、多分、教授になるかならないか位の若い研究者はせっかくだから頑張れということなのでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)