ネットワーク復旧の苦闘


さて、昨日からインターネットが不通になってしまっており、その原因解明と復旧を行ったのですが、例によって原因の究明に困難があり、大変な苦労を強いられました。

うちのネットワークは極めて複雑になっていて、

フレッツ光の回線終端装置

-ひかり電話対応機器

-ブロードバンドルーター

-VoIPアダプタまたは各パソコン

となっているので、どこに原因があるのかを探るために、あちこち調べて時間を食ってしまいました。

その結果、ブロードバンドルーターが一切外部へ通信をしてないことから、壊れたのだろうと思って、新しいのを買ってきて、つないで見たのですがまったく状況が改善せず、かなりあせりました。

そこで、最初からこうやるべきだったのですがノートパソコンを持ち出して、回線終端措置に直接つないでみて通信できるかを確かめたところ、これができないのです。

よってプロバイダに問題があることがわかり、対処が間違っていたことがわかりました。

とはいっても、これまでのと同じIDとパスワードを入れても通信をしないので、これまた普通のトラブルではないことがわかりました。

OCNのサポートは事故情報はないと言い張りますので、基地局側では正常らしいのですが、これまでと同じIDが使えないというのは明らかに異常なわけです。

そこで思い出したのですが、このブログでも書きましたがうちは最近、フレッツをBフレッツからフレッツ光に替えて、スピードアップをしたのですが、その際、OCNはそれまでと同じIDを使ってくれといっていたのに、後日新しいIDとパスワードが書かれた郵便が届いたのです。

しかし、その通知には、すでにIDを持っているユーザーは既存のIDを使うように書かれていたので、先日の電話での案内どおりなのだろうと思っており、事実、フレッツの切り替え後も従前のIDで使えていたため、そのとおり信じきっていました。

新しいIDがあることを思い出し、回線終端装置につないだパソコンでためしに入れてみたところ、それで通信がつながり、原因がIDを変えなければいけないことにあることが判明しました。

しかしこれまでずっと古いIDのままだったのになんでいきなりこうなったのか非常に疑問が沸きました。フレッツの切り替えからはかなりたっており、昨日までは古いIDで普通に通信できていたのです。

さて、原因がわかってもまだ問題は残りました。

ブロードバンドルーターに新しいIDを入れても通信をしてくれないのです。

そこでふと思って、回線終端装置とブロードバンドルーターの間に挟まっているひかり電話対応機器にもプロバイダ情報をいれると、ようやく元通りの通信ができるようになりました。

これまでは、プロバイダ情報はすべてブロードバンドルーターにいれており、ひかり電話の機器には何も設定をしていないで通信できていたのですが、なぜいきなりプロバイダ情報の設定が必要になったのか非常に疑問です。

プロバイダのIDの件はOCNが何かしたのではないかと思いますし、ひかり電話対応機器の件はファームウェアのアップデートかなにかではないかと想像していますが、原因が重なったために大変でした。

ITは大変便利でなくてはならないものですが、ネットワークが完全にモジュール化してしまい、不整合が頻繁です。しかし当のモジュール化のせいで原因の解明と対処は特状が多く作用するために提供されているサポートでは月並みなことしかしてくれないので、解決が困難であることを痛感しました。

そうはいってもネットワーク作りはやめられないのですが…。

こうして、悩みを種をまきつつ今後もやっていくのだと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)