多趣味の裏返し


弁護士先生と話していると、守秘義務の観点からか、趣味の話になることが多いです。

たとえばそばうちとかという話だったのですが、そばうちとは何だか極端です。弁護士会の何かに載っているので始めたとか言う話だったのですが、自由と正義にそばうちが載っていたんですかね。

 

草野先生の「一号PEをもう一度」をきくと、かなり歌唱に打ち込まれているようなので、やはり趣味を充実されているのでしょう。

いつまでも、他人の引き起こした紛争の処理ばかりしていると飽きてくるのでしょうか。

もっと慎重にしてくれればこんなことにならないのにと思うことはしきりですので、弁護士先生の元にいったものは相当きわまっていることが多いです。

会社内部でももてあますのに、さらに極限的なそんなものばかり扱っていたら、仕方ないことかもしれませんね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)