重点講義民事訴訟法まで改訂されるとは


新学期が始まるからか、法律書の改訂が相次いでいます。

ここに来て高橋宏志教授の重点講義の下巻が改訂されてしまいました。

重点講義 民事訴訟法 下補訂第2版 | 有斐閣

 

まだ入手はしていないのですが、ページ数だけ比べるとかなり増えています。色々と書き足されたようです。

超細かい注が売り物の本書ですが、注自体はああでもない、こうでもないといっているだけで結果どうなるのかはよくわからないのですが、新司法試験で出題されるあまり見かけない論点でもどこかしらに書いてあるということで、多くの学生さんが熟読されています。

また、噂話できいただけなのですが京大でも愛読者が結構多いとか言う話です。

私は京大出身の方を、京大を卒業して東大ロースクールに来られた新卒の学生さんと会社の人事課長しか知らないので、いまいち真偽を判断しかねます。

もっとも人事課長は、私の先輩に手形理論の創造説について話題を振ったことがあるときいたことがあるので、そこから考えると、やはり重点講義を精読するかもしれませんね。

ちなみにその人事課長の前任の人事課長は、採用面接で結果無価値と行為無価値についてきいてきたそうです。

何で人事畑の人は、みんなそうなのかなぞですな。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)